ピンホール眼鏡

突然片目が見えなくなった

Pocket

この秋、十月半ば頃に左目の眼鏡がいつも曇っているような気がしてしょっちゅう拭いていた。

二三週間したある日、ふと片目ずつで壁に貼ってあるポスターを見比べてみたら、左目が全然見えなくなっている!
右目に比べると信じられないほど視界がボケてる・・・

ここ十年近く視力はずっと安定していたのでこれはかなりショック。
しかもこれに気づくつい二ヶ月前に新しい眼鏡を作ったばかり・・・で大大ショック。

よく考えてみると、片目だけ視力が落ちた心当たりはあるといえばあった。

夏から秋にかけて二ヶ月くらいの間、ほぼ毎晩夜半数時間、キャンプ用のヘッドライトを使ってベッドで読書していたのだ。
その時期、私は毎晩夜中の三時頃にぽっかり目が覚めてしまい眠れなくなっていた。
普段は朝まできっちり寝てたので、これを機会に「眠れない夜」を「読書三昧の夜」にすることにした。
私は元来貧乏性なので、とりあえずどうにもできないことは、どうにかいいように考えられるようにしたい質なのだ。

ここでわざわざキャンプのヘッドライトを登場させたのは、ベッド横のランプつけるより横で寝てる人の邪魔にならないかな、と思ってのこと。それに、旅行好きの義理の母がうちに泊まりに来る時いつもヘッドライト持参で来てたので真似してみたのもある。
これは真似しなきゃよかったと深く後悔したが・・・

ネットで調べてみると、スマホやタブレットで狭い視界+長時間悪い姿勢(寝転がったり)のコンビは、片目の視力だけが急激に落ちる原因になりやすいらしい。

毎晩、照射範囲がとても狭い携帯ライトを使い、いつも同じ方向に寝転んだまま二三時間読書してたら目が悪くなる可能性は充分高かったようである。

でももう後悔しても遅いので、視力回復を目指してピックアップ以下の三つを日課にすることに:

  1. 目の周囲の血流を促す温感パック
  2. 日に一時間程度の悪くなった方の片目トレーニング
  3. ゆっくり顔全体でまばたき体操

ついでにフランス・アマゾンで『視力回復トレーニング用眼鏡』を注文する。
恐ろしく安くて一個1.24ユーロ(しかも送料無料)である。。
日本のアマゾンでも「
視力トレーニング、眼筋運動に! 遠近兼用 ピンホールメガネ」という名でそっくりのものがほぼ同価格で販売されている。

ピンホールメガネ


この激安度に加えて、170件以上あるユーザーレビューも悪くない。
が、この激安網メガネ、送料が無料なだけに全然到着しない。
どうやら中国からえっこらおっこらとエコノミー便で送られているためらしい。

一ヶ月たっても手元に届かなかったのでアマゾン経由で業者に苦情を書いたら、また同じ金額が払い戻されてきた。
そして払い戻しの三日後になんと郵便受けに網メガネさんが届いていた・・運命の皮肉よ、とロミオとジュリエットだったら言うところだろうが、これが単なる1ユーロのメガネでよかったよ。

で、そうこうしているうちに、上記の三つの日課のみで視力は一ヶ月ほどでみるみる回復し、ピンホール眼鏡は時遅しという感じでの到着だったので、デスクに乗っかったままその効果のほどを試すには至っていない。

ただ確かに、この眼鏡をかけると、ド近眼でもなぜか見えるようになるのだ!

眼筋が一杯ある小さな穴に焦点をあわせてものを見ようと努力する、とのことだが、どれくらい使ったら効果があがるのやら。でもせっかく手元に届けて頂いたんだから、そのうち試してみよ。

あと、目に良いとされている食物リスト&()内は含まれる有効成分もメモっときま:

  1. にんじん(ビタミンA)
  2. キウイ(ビタミンC)
  3. アボカド(ビタミンC、ビタミンE、ルテイン)
  4. ほうれん草(ルテイン)
  5. ブロッコリー(ルテイン)

要は圧倒的に緑黄色野菜。

子供の頃「色の濃い野菜は体にいいからいっぱい食べなさい」と学校でも家でもよく言われたけど、これは根拠のないことではなかったようとね。

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください