パスポート・インデックス

2017年・世界最強じゃないパスポート

Pocket

昔ヨーロッパをあちこち旅行しているときに、スペインのマドリードで商社に勤務しているという怪傑ゾロみたいなチョビ髭をはやしているちょっと怪しい日本人のおじさんと出会った。

はっきり覚えていないが、多分せっかくスペインまで来たんだから、やっぱフラメンコバーは一度は行かなきゃね、みたいなことを話しつつ友達とご飯食べてたら、その親父たちが近くの席に座っていたせいで話が始まったような気がする。

そして親父の連れは寡黙なスイス人だったのだが、なんかのはずみにちょび髭が冗談がてらこう言った。

やースイス人は見つけたらつかまえとくと貴重だよー。なにしろスイスのパスポートもってる奴なんて少ないし、このパスポートさえあれば大概の国に行けるし!

そのとき以来、物知らずな私は、「スイスのパスポートもってると得」という刷り込みを受けた。
一番最初にみた動くものを母親と思うヒヨコみたいだけど・。・

そしてつい最近、世界最強のパスポート・ランキングというものがあるのを知った。

毎年カナダのコンサルティング会社アートン・キャピタルが、各国のビザ発行状況に変更が出るたびにアップデートしているデータベース『PASSPORT INDEX』。
このサイトの発表によると、2017年2月4日現在のランキングは199ヶ国のパスポートを対象に決定したとのこと。

パスポート・インデックス

で個人的に気になるフランス&日本とお得感を刷り込まれたスイスのランキングは以下:

総合ランキング(ビザなしでいける国の数で計算):

  • ドイツ 1位(158ヶ国)
  • フランス 3位(156ヶ国)
  • 日本  4位(155ヶ国)
  • スイス 4位(155ヶ国)


国別条件ランキング(*人間開発指数*とビザの特徴で計算):

  • ドイツ 1位
  • フランス 6位
  • スイス 17位
  • 日本 19位
    (*人間開発指数*とは平均余命、教育と所得指数の複合統計で決定される指数)

ウェルカム国(ビザなしで受け入れる国の数で計算):

  • カンボジア 1位(198ヶ国)
  • フランス 51位(91ヶ国)
  • スイス 51位(91ヶ国)
  • 日本 68位(66ヶ国)

 

これだけみると、スイスのパスポートがさほどすごい訳でもないとね。。

全体ランキングなんて日本と同じだし。
日本のパスポートがなかなか優秀という見方もできるか。
世界屈指の経済大国なはずだが、日本てなんか国際コンプレックスが大きい感じがするのでパスポートがスイス並みに優秀とは思ってなかった・・西洋の世界地図上では極東にあるせいか?でも地図って国によってセンターが変わるのにな。

一方スイスといえば、パスポートの表紙からして五ヶ国語の超バイリンガル国家、教育レベル高し、勤勉、高収入、治安よし、湖も山も間近で空気のきれいな国、スイス勤務で国境に近いフランスに住んでる人は高所得・低生活費のせいで一番得してるという噂、な国。
そしてこれはイメージだけでなく、どれもかなり真実らしい。

何度か旅行で行ったときも、確かにキレイでとても住みやすそうな国だ。物価は高いが。。

だからとてもいい国なようだが、学校で習った「永世中立国」というのはすごく平和で穏やかなイメージだが、実はこの中立の立場がゆえに同盟国ももてないため、自国は自分たちで守る、という強力な武装中立の立場をとっている。だから国民皆兵(国民全員が徴用される可能性があるが、実際には主に男性)システムで、どんなに遠い国に住んでいてもスイス人男子はかなりいい歳になるまで毎年徴兵訓練のために自国に戻らなければならないらしい。

この国民皆兵や兵役のことはまた別の機会に・・

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください